トップページ おしらせ 四旬節と聖週間・復活祭のおしらせ

四旬節と聖週間・復活祭のおしらせ

2019年 聖週間と復活祭

受難の主日 4月14日(日)

10:00 枝の祝福式(他の時間のミサでも枝を配布します)

主キリストが過越の神秘(受難・十字架上の死・復活・昇天によって私たちの救いを実現されたみ業)を完成するためにエルサレムに入城されたことを記念し、その業に心から感謝の祈りを捧げます。入堂のとき枝をお受け取りください。

聖木曜日 4月18日(木)

19:00 主の晩餐の夕べのミサ

荘厳なミサの祝いをもって聖体の秘跡制定を記念します。この典礼の中でイエスさまが「最後の晩餐」の席で弟子たちに命じられたように「洗足式」が行われます。お互いに奉仕する心を願いましょう。

  • ゆるしの秘跡の時間: 13:00-15:00

聖金曜日 4月19日(金)

大斎・小斎を守る日です。

15:00 十字架の道行(マリア聖堂)
19:00 主の受難の祭儀

ことばの典礼、十字架の崇敬、聖体拝領の三部からなる祭儀をもって人類のために命を捧げてくださった主イエスの愛を記念します。

  • ゆるしの秘跡の時間: 13:00-15:00

聖土曜日 4月20日(土)

19:00 復活の聖なる徹夜祭

光の祭儀、言葉の典礼、洗礼式、荘厳なミサをもって主イエス・キリストの復活、永遠の勝利を祝い頂いた信仰を宣言します。

  • ゆるしの秘跡の時間: 13:00-15:00

復活の主日 4月21日(日)

10:00 聖体奉仕者任命式
15:30 洗礼式 (17:00 お祝い会)
ミサの時間は通常の日曜日と同じです。

ご注意

  • 聖木曜日、聖金曜日、聖土曜日(復活徹夜祭)の3日間は19時の典礼のみ行われます。
  • 通常の7時、12時、18時のミサはありません。
  • 高齢者等の優先席及び手話席は通常のミサと同じように設けてあります。典礼の始まる15分前までにおいでください。

十字架の道行

 四旬節中および聖金曜日に「十字架の道行」を行います。

  • 3/8(金)、3/15(金)、3/22(金)、3/29(金)、4/5(金)、4/12(金) 18:45- ザビエル聖堂
  • 4/19(聖金曜日) 15:00- マリア聖堂

四旬節中のお手伝い募集

  • 4/12(金) 10:00-12:00(ヨセフホール) 棕櫚の枝切作業
     受難の主日に使用する棕櫚の準備をします。事務室へお申込みください。(持ち物:エプロン・軍手・花ばさみ)

  • 4/20(土) 9:00-12:00(ヨセフホール) イースターエッグの飾りつけ作業
     お子様も参加できます。事務室へお申込みください。(持ち物:エプロン)

四旬節黙想会

2019年 四旬節黙想会は終了しました。

テーマ「神のしもべ ペドロ・アルペ - 他者のために生きた人 -」

 3/21(木・祝) 主聖堂(指導:酒井陽介神父)
 午前の部:10:00-11:30, 午後の部:13:00-14:30, 15:00- ミサ

四旬節黙想会 チラシのダウンロード


「主にささげる24時間」の聖体礼拝

2019年「主にささげる24時間」の聖体礼拝は終了しました。

 3/29(金) 13:00-17:00、3/30(土) 13:00-16:00 ザビエル聖堂

 教皇フランシスコは、四旬節・第4主日の直前の金曜日夜から土曜日夜までの24時間を特別な祈りの時間と定め、2015年から毎年「主にささげる24時間」と名付けた取り組みを推奨してこられました。
 教皇さまのこの意向に心をあわせ、ザビエル聖堂にて聖体礼拝を行います。ご都合の良い時間にご参加ください。