トップページ おしらせ7月のお知らせ(7/10)


7月のお知らせ(7/10) ミサ動画配信 祈り
過去のおしらせ 関連情報 若者たちの祈りと聖歌

7月のお知らせ(7/10)

 カトリック麹町聖イグナチオ教会の信徒の皆さま


 梅雨のうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。6月終わりから教会はミサや活動を部分的に再開しました。ミサには、グループによる事前予約の人たちが徐々に参加するようになりました。全員参加までの道はまだ遠いですが、少しでもミサにあずかることができる人がいて、本来の教会の姿を少しずつ取り戻しつつあります。

 今回の方針を通して見えてきたことは、この教会では、何のグループにも属しておらず、顔見知りの友人すらいない人が多数おられるということです。この教会は不特定多数の人が集まる都会型の教会の典型でしょう。信徒同士のつながりがきわめて弱い教会であることが改めて分かりました。

 今まではそれでよかったでしょうが、現在のコロナウイルスによる感染症拡大の状況を見る限り、今後2年くらいは大きなミサや集まり(主日の公開ミサ、クリスマスミサや聖週間の典礼、教会祭やバザー、講演会やコンサートなど)を例年どおりに行うことは不可能でしょう。大きなイベントに個人で参加する教会はもう立ち行かなくなりました。

 今、私たちができるのは、かなり限られた形での、小さなミサや小さな集まりだけです。それらを行うには、信徒同士がつながっている小共同体的なかかわりに頼らざるをえないです。このような状況を単にマイナスととらえず、信徒同士のつながりを改めて築いてく一つの好機として捉えていきたいと思います。イグナチオ教会が共同体として変わっていく好機かもしれません。急に知り合いを作ることはできないでしょうが、少しでもかかわりのあるところから、小さなつながり・小さな共同体を作っていきたいと思います。そういうことを願いながら、以下のように変更していきます。


グループで事前予約をする形を継続

  • 不測の事態を想定すると、不特定多数の人を集めることは原則としてできません。グループのつながりを基礎にして、ミサや活動を行っていきたいです。そのグループは単にいつものメンバーだけにとどめず、孤立していそうな人に声をかけながら、たえず開かれたものにしてください。例えば、代父代母の方は、少し縁遠くなった代子に声をかけてみてください。
  • また、現在孤立している人は、すぐにあきらめてしまわず、何らかのかかわりをたどりながら、少しでも仲間とつながるように祈り求めてください。この教会で受洗した人は、代父代母、以前の講座のつながりなどをたどりながら、知り合いを探してみるところから始めてみましょう。
  • なお、ミサ(主日・平日)の申込は、前日の昼までにお願いします。衛生係は廃止して、一人ひとりの手指の消毒などに気をつけてくださるようにお願いします。

ミサの申込方法はをご確認ください
 


個人的に申し込む場

 日曜日の午前中には、ウェルカムテーブルを開いています。個人の方はそこに行けば、グループを作って、ミサ(8時30分や10時)に申し込むことができます。すぐにグループを作れない人は、彼らに直接相談してみてください(電話相談はできません)。


日曜日朝7時・夕方6時のミサは個人参加を容認

  • この2つのミサは例外的に個人参加を認めることにしました。事前予約なしで、参加希望の方は早めに来て、受付をしてください。感染症対策はより徹底してお願いします。定員は100名で、ミサ開始時刻には締め切ります。1人月1回くらいの頻度でお願いします。
  • ただ、かなりの係が必要になるかもしれません。聖堂係が担当しますが、場合によっては皆さんに協力をお願いすることもあるかもしれません(受付・会場係・献金係など)。その場合は寛大にご協力ください。個人参加の場合であっても、単に受け身にミサにあずかるだけでなく、教会共同体に貢献していく前向きな姿勢と、仲間づくりをこころがけてください。

平日のミサについて

 平日もグループによる事前予約のあるミサしか認めていません。しかしながら、平日の12時のミサは工夫をしていくつもりです。
 例えば、日曜日に参加できない人のため、高齢者のため、親子連れのためなど、募集する人を限定して、個人参加のミサを作る可能性があります。その場合、聖堂係に負担がかかりますので、責任をもって協力してくださるグループがあるならば、申し出てください。多様なニーズに応えていく形を模索していくつもりです。

ミサの申込方法はをご確認ください
 


その他

 教会に来られない人ために、オンラインのミサを続けます。折り鶴プロジェクトも継続します。今回新たに、キリスト教の勉強をされたい方のために、オンラインの入門講座を始めました。教会のホームページからYoutube配信を視聴することができます。それらも大いに活用してください。

私たちの心がけ

  • 今はコロナウイルスによる感染症拡大により、教会活動はかなり制限されています。その中で、ただ文句を言ったり、ただあきらめたりするのではなく、神に問いかけながら、今の自分にできることを探してみてください。制限されているからこそ、創造的な工夫が求められています。
  • 仲間づくりを心がけることは、ミッション2030の柱である、「福音を伝えること」や、「共同体を生きる」ことにつながっていくと思います。皆さん一人ひとりが教会であり、皆さんの一人ひとりの働きがこれまで以上に必要とされています。神により頼みながら、心を合わせて、力を合わせ、互いに協力していきましょう。


2020年7月10日


主任司祭 英隆一朗



主日ミサ動画配信

ライブ配信(聖イグナチオ教会、手話付き) ライブ配信と説教のリスト

ライブ配信(東京大司教区、字幕付き)


祈り

新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り(カトリック中央協議会)詳細


 いつくしみ深い神よ、
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、今、大きな困難の中にある世界を顧みてください。

 病に苦しむ人に必要な医療が施され、感染の終息に向けて取り組むすべての人、医療従事者、病者に寄り添う人の健康が守られますように。

 亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、尽きることのない安らぎに満たされますように。
 不安と混乱に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。

 希望の源である神よ、
 わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、世界のすべての人と助け合って、この危機を乗り越えることができるようお導きください。

 わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 希望と慰めのよりどころである聖マリア、
 苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

(2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可)

コロナウイルスにともなう祈り

 「憐れみ深い父なる神よ、今、私たちは新型コロナウイルスによる感染症に直面しています。
 どうか主よ、この危機を私たちが乗り越えることができるように、恵みと力を与えてください。私たちが不要な恐れにふりまわされることなく、適切な行動をとることができますように。私たちがまず日頃の生き方をふりかえり、回心することができますように。今回の危機を通して、私たちがあなたのみ心にかなった生き方を見いだしていくことができますように。

 感染拡大が止まり、感染している方々に必要な医療と助けが与えられ、治療方法が1日も早く見つかりますように。主イエス・キリストによって」(東京大司教認可)


主任司祭 英隆一朗 s.j.


霊的聖体拝領の祈り

 「主イエス・キリスト、あなたがご聖体の秘跡のうちにまことにおいでになることを信じ、すべてに超えてあなたを愛し、私の心に迎えたいと望みます。今、秘跡によるご聖体を受けることができない私の心に、おいでくださいますように。
(少し沈黙で、イエス・キリストを心の中に迎え入れる)
 あなたが、今私の心にまことにおいでくださったことを信じて感謝します。いつもあなたと一致したいと望む私が、あなたから離れることのないようにしてください。」

カトリック祈祷書『祈りの友』(カルメル修道会)より


過去のおしらせ


PAGE TOP