トップページ おしらせ8月のお知らせ(7/31)

最新のおしらせはこちらのページをご覧ください。

8月のお知らせ(7/31) ミサ動画配信 祈り
過去のおしらせ 関連情報 若者たちの祈りと聖歌

8月のお知らせ(7/31)

 信徒の皆さま

 東京都のコロナウイルス感染者数は少しずつ増え続けています。この先どうなるのか、不安を抱えている方も多いでしょう。しかしながら、高齢者・基礎疾患のある方々が長期間ミサにあずかれないことに心が痛みます。この世のいのちも大切だが、永遠のいのちにつながる糧を必要とされている方もおられるでしょう。大司教より司牧的配慮が認められましたので、以下の3つのことを始めます。


高齢者・基礎疾患のある方専用のミサ

 土曜日の昼12時のミサ(主聖堂にて)を高齢者や基礎疾患のある方々専用ミサにします(翌日の主日のミサとして)。8/22(土)から開始予定です。

 もちろん教会に来られるということは、感染リスクをゼロにすることはできないことをご承知おきください。

  • 参加希望の方は、必ず同居家族の同意をとってください。同意が得られない場合は参加できません。
  • また、必要な場合、ご家族の方が同伴ください。
  • 事前の予約は必要ありません。
  • 当日、少し早めに来てその場で申込をしてください。
  • 感染防止のために車で来てもらってもよいです。ただし教会の駐車場には限りがあります。
  • このミサには、高齢ではない健康な方は参加できません。どうかご遠慮ください。

高齢者や基礎疾患のある方々へ、ご聖体を届けます

 上記の高齢者専用のミサでさえ参加を躊躇される方もおられるでしょう。ミサにはまだ参加できないが、ご聖体はいただきたいという方々のために、コロナ感染中に特別な奉仕を始めることにしました。信徒の聖体奉仕者がご自宅や施設までご聖体をお届けします。

 もちろん、感染リスクをゼロにはできません。奉仕者も気づかないうちに感染させてしまう危険性はあります。ご希望の方は、同居家族の承認を得てください。施設におられる方は、その施設の許可をもらってください。その上で、ご聖体を望む方は、事務室:03-3263-4584にご連絡ください。日時を相談の上、信徒の奉仕者がご自宅(あるいは施設)に伺います。


ゆるしの秘跡や病者の塗油を望まれる方へ

 教会まで来られる方は、ゆるしの秘跡を定期的に行っています。病者の塗油を望まれる方は事前に事務室に連絡ください。司祭と日程を調整します。教会に来られず、ご自宅や施設で秘跡を望まれる方も事務室にご連絡ください。司祭と日程を調整します。

教会事務室:03-3263-4584




その他

 皆さんの中には、諸事情でミサに出られない方や、ご聖体にあずかれない方もおられるでしょう。不自由な中にあっても、神さまが皆さんを見捨てしまうということは絶対あり得ません。むしろ、苦しい中だからこそ、神さまはいつにもまして恵みを送ってくださるに違いありません。今こそいっそう熱心に祈りをささげましょう。神の愛に信頼して日々の生活を過ごすようにしてください。以下のような方法を試してください。


実際の聖体拝領ができない方は、霊的聖体拝領の祈りを唱える

 みことばを読み、少し味わってみてください。そして必要な願いを祈り、主の祈りを唱えましょう。そして、以下の祈りを唱えてください。


霊的聖体拝領の祈り

 「主イエス・キリスト、あなたがご聖体の秘跡のうちにまことにおいでになることを信じ、すべてに超えてあなたを愛し、私の心に迎えたいと望みます。今、秘跡によるご聖体を受けることができない私の心に、おいでください。
(霊的にご聖体をいただく)
 あなたが今、私の心にまことにおいでになったことを信じ、感謝いたします。いつもあなたと一致したいと望む私が、あなたから離れることのないようにしてください。」

カトリック祈祷書『祈りの友』(カルメル修道会)より



好きな祈りを唱える

 伝統的なロザリオの祈りや十字架の道行きをはじめ、自分の好きな祈りを唱えてみましょう。短い言葉をゆっくりと何回も繰り返す祈りもよいと思います。祈りの時間をとってみましょう。


聖書の通読や霊的読書

 聖書を最初から最後まで読み通した人は少ないでしょう。このような時を利用して、聖書を最初から最後まで読み通すのはいかがでしょうか。読みやすいところから少しずつ読んでいくとよいと思います。あるいは、霊的読書をしてみましょう。霊的に心が養われる本(例えば、聖人伝や教皇のことばなど)を改めてゆっくりと読んでみましょう。


今の苦しみを神さまにささげる

 今受けている苦しみをそのまま神さまにささげましょう。十字架上で亡くなられたイエスに心を合わせて、自分の苦しみを神への尊いいけにえとしてささげましょう。


愛をもって生きていきましょう

 こういうときだからこそ、まわりの人に対して、小さな愛を実行しましょう。少しでもまわりが明るくなるように、愛と喜びを分かち合いましょう。

 いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。

1テサロニケ5,16-18


2020年7月31日


主任司祭 英隆一朗





主日ミサ動画配信

ライブ配信(聖イグナチオ教会、手話付き) ライブ配信と説教のリスト

ライブ配信(東京大司教区、字幕付き)

祈り

新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り(カトリック中央協議会)詳細


 いつくしみ深い神よ、
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、今、大きな困難の中にある世界を顧みてください。

 病に苦しむ人に必要な医療が施され、感染の終息に向けて取り組むすべての人、医療従事者、病者に寄り添う人の健康が守られますように。

 亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、尽きることのない安らぎに満たされますように。
 不安と混乱に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。

 希望の源である神よ、
 わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、世界のすべての人と助け合って、この危機を乗り越えることができるようお導きください。

 わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 希望と慰めのよりどころである聖マリア、
 苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

(2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可)

コロナウイルスにともなう祈り

 「憐れみ深い父なる神よ、今、私たちは新型コロナウイルスによる感染症に直面しています。
 どうか主よ、この危機を私たちが乗り越えることができるように、恵みと力を与えてください。私たちが不要な恐れにふりまわされることなく、適切な行動をとることができますように。私たちがまず日頃の生き方をふりかえり、回心することができますように。今回の危機を通して、私たちがあなたのみ心にかなった生き方を見いだしていくことができますように。

 感染拡大が止まり、感染している方々に必要な医療と助けが与えられ、治療方法が1日も早く見つかりますように。主イエス・キリストによって」(東京大司教認可)


主任司祭 英隆一朗 s.j.


霊的聖体拝領の祈り

 「主イエス・キリスト、あなたがご聖体の秘跡のうちにまことにおいでになることを信じ、すべてに超えてあなたを愛し、私の心に迎えたいと望みます。今、秘跡によるご聖体を受けることができない私の心に、おいでくださいますように。
(少し沈黙で、イエス・キリストを心の中に迎え入れる)
 あなたが、今私の心にまことにおいでくださったことを信じて感謝します。いつもあなたと一致したいと望む私が、あなたから離れることのないようにしてください。」

カトリック祈祷書『祈りの友』(カルメル修道会)より


過去のおしらせ


PAGE TOP